募集企業の採用基準を知ろう

会社で人員が足りていなければ、求人を出して募集をかけなくてはなりません。求人を出して人を集めることによって、一人一人仕事を分担することが出来れば、仕事をスムーズに行う事ができるようになります。仕事を探している時に気になる求人を見つけ立たのであれば、採用基準を確認してみるようにしましょう。採用基準に当てはまっていないようであれば、応募をしても面接をする前に断られてしまう事になりますので、事前に確認をしておきましょう。採用基準としては、大学卒業以上や、資格取得者、経験者といった基準が設けられていることがあります。基準を設けることによって、誰でもが応募できるものという事ではなくなり、面接をする前の段階でふるいにかけられているという事になるのです。しかしこの採用基準も、必ずこの通りの人でなければならないというわけでもない場合があります。例えば、経験はあったとしても、資格を保有していない場合があります。資格保有者と採用基準にあったとしても、実務経験が数年あるというのであれば、資格を受ければすぐに受かるような人もいます。充分な実力があるというのに受験をしていないだけというような人の場合は、採用基準に当てはまっていなくても面接をしてくれる場合があります。十分な経験があり、その仕事に対して自信を持っているのであれば、ダメもとで問い合わせをしてみるといいでしょう。問い合わせをしてみれば案外すんなりと面接をしてもらえることもあり、そのまま採用という場合もあります。その仕事どうしてもしたいという熱意を持ってアピールすることによって、採用したいと思わせることが出来るようになりますので、精一杯の気持ちで面接に臨みましょう。

採用されやすい人とされにくい人

仕事探しをしている方ならば、求人情報を実際に確認した上で、適職と思われる会社に対して応募することが一般的です。会社によっては多数の応募者が集まることになり、書類選考や面接などを行った上で採用者を決めることになりますが、その際には採用されやすい人とされにくい人に分かれてしまうことも現状です。まずは、応募書類として履歴書や職務経歴書を挙げることができます。履歴書の場合では手書きで記入している方が多いものですが、丁寧な文字で適切な文字サイズで書かれていること、添付している証明写真の見栄えなども影響される可能性があります。適当に書いている方ならば採用される可能性が低くなり、文字の上手さではなく、書いた文字を見て判断できる内容もあるので、ゆっくりと丁寧に書き記すことが何より大切です。職務経歴書はパソコンを利用して作成される方が多いものですが、書式などを守って分かりやすくまとめることが求められていますが、十分なアピールポイントを用意していることも大きなポイントです。採用されやすい人は一定のパソコンスキルを持っており、経歴書をまとめ上げる能力が備わっていることになります。面接時でも同じように大切な内容があり、社会人としてのマナーが備わっていることは基本的な内容ですが、話し方などに対してもチェックポイントになることから、事前にシミュレーションを行うことも良い方法です。採用されやすい人は大きな声で明確に会話ができる方が該当しており、逆に採用されにくい人であれば、声が小さくハキハキと会話ができないタイプになることから、会話術を身に付けることも大切です。また、上手に笑顔を作ることができるかどうかも重要なポイントとして挙げることができ、採用者にとって一緒に仕事をしたいと感じさせることが大切です。

ユニークな採用をする企業

ある製造業を営む会社では、求人は「早いもん勝ち」に決めているそうです。社長さんがおっしゃるには、「自分は人を見るほど偉くないし、見たってどうせわからない。だから神様に選んでもらっている。」とのこと。つまり、求人を出して、一番最初にアプローチしてきた方を採用するのだそうです。この方法で失敗したことは、ないとおっしゃっていました。この会社では、人事異動や転勤に関してもほぼ社員の自主性に任せる形をとっているため、希望があり、移動が可能であれば、即日から部署替えをしているようです。それで会社は実にうまく行っている、とのこと。不思議なことですが、社員の皆さんは生き生きと働いていましたし、業績も上り調子だったのです。社長さんの人徳か、はたまた神様のおっしゃる通りなのか。会社のゴロ合わせで、ネットエントリーをゲーム形式にしちゃっている会社、日本一短いエントリーシートと銘打って2択2問で終了、と言うおせんべい屋さんなど、様々な工夫を取り入れている会社が多い中、全く工夫をしない、と言う方法は、大変個性的です。注目は、芸能事務所の「よしもと興行」さんです。大変有名な会社ですが、このたび中卒以上、と言うとびっきり大胆な採用条件に変更したようです。面白いものを提供する会社としては、アベレージは求めていない、と言う表明のように見えます。上だろうが下だろうが、突き抜けた人材を求めているのかも知れません。日本中のお仕事を丁寧に見て行くと、求められていない個性などない、と勇気が湧いてきます。しかし残念ですが、すべての求人をチェックすることはできません。願わくば、運命的な出会いをつかみ取りたいものです。
ご縁がありますように!

▼WEBディレクターとして採用されるためには情報を集めましょう
WEBディレクター 求人