採用活動を続ける会社には応募者に伝えない本音がある

人材不足で悩んでいるかどうかに関係なく、会社が応募者に抱いている本音があります。採用試験中に発生する出来事に起因するものばかりなので、応募者に本音がぶつけられる可能性は否定できません。しかしながら、ほとんどの会社の採用担当者は心の内に秘めています。ですから、応募者には会社がどのような本音を持っているのか知ることができません。採用者側が抱く本音を完全に把握することはできないにしても、会社の立場になって考えたら自ずと想起できてしまいます。
労働者としての権利を主張しすぎる応募者がいれば、採用を見送りたいと考えていることこそ会社の本音です。採用した場合を想定すると、少しでも労働者にとって気に入らない職場環境であれば業務命令に反した行動を取られやすいからです。
協調性がない特徴を短所として挙げている応募者は是が非でも採用するわけにはいかないと感じることも、会社が抱く本音の大半を占めます。黙々と作業することが認められている会社でも、実際には下準備などで協調性を発揮するべき場面が訪れます。そのときに我が道を行く労働者が一人でもいれば、作業が滞ってしまうことになりかねません。採用試験の間に協調性が微塵も感じられない応募者とは一緒に働きたくないという本音が生じるのは、珍しいことではないというわけです。
過去に事業主としての経験を持つ応募者が採用試験に臨んでいる場合は、会社組織の一員として活躍してもらえない旨の結論を出すことも本音としては珍しくありません。組織人としての活躍が求められているにもかかわらず、常に経営者目線で同僚や先輩に意見することが想像に難くないからです。他方、高度なスキルを持っていれば雇われることは多々あります。