教諭に採用される前と後のコスメポイント

教諭に採用される前と後とでは、コスメ選び等のポイントに多少違いがあるにせよ、心がけることは同じです。採用される前であると、筆記試験は外見は関係ないにせよ、面接試験では採用する側からすれば、明るく快活で学校にも児童生徒にも元気を与えてくれるような人物を採用したいと考えているので、派手というのではなく表情が明るく見えるようなコスメを心がけて選んだ方が好印象を与えられます。
一旦教諭に採用されると、年齢または既婚等を問わず、児童生徒がより良い成長を遂げられるように、教育指導や学校での支援援助等をする責任ある教育者となります。その教育者たる者、児童生徒にとって、人間として他の大人以上に善きお手本でなくてはなりません。そこで、自分の理想やイメージだけでのコスメ選びは厳禁となってきます。だからといって全て他の教諭に合わせればいいという訳ではありませんが、特に香りとビジュアルの面で気を配る必要が出てきます。
児童生徒のみならず、保護者等にコスメによる不快感を与えないよう注意することが必要となってきます。化粧品売場の店員さんやエステティシャン等とは異なり、ビジュアル的な見た目からの派手な刺激や強い香りは必要ないからです。またお客さん相手の商売ではないからです。ただし、教諭が見た目を全く気にせず、外見から他者を不快に感じさせるようでは失格です。ある程度、自然ながらも好感が持てるメイクをすることが求められています。
教諭が仕事をする上で一番求められ頼りにされているのは児童生徒です。教諭に、外見からではなく心からの教育を求めているのです。教諭は男女問わず、コスメだけに頼るのではなく、内面から発する光り輝くものをだせるように、常に柔軟な心を持っておくことも大切です。