採用とコンサルティングと理容について

コンサルティング会社への採用は、とても難関であるとされています。

コンサルティングには、とても賢い頭脳や専門知識などが必要であり、採用自体を、各大学の推薦または、各大学の出身者のみに絞り込んでいる会社もあります。

そのため、採用をしてもらうためには、受験の段階で、上記の推薦などを行っている大学に入学などを行う方法などになります。

コンサルティングの仕事は、企業の依頼などで、企業の改善するべき点などを、情報などを元にデータにし、そこから依頼してきた企業が、業績をアップさせることが出来るように、改善などをアドバイスしていく仕事であり、とても難しい仕事です。

上記のように、頭脳が大変必要になり、また英語などが必要、外国語などが必要なケースもあるため、東大出身者が多く在籍していることがほとんどです。

また、上記のように、東大への依頼があり、東大出身の学生さんが、採用されてコンサルティング会社に就職する、このような流れになっているケースもあります。

一方で、理容の就職に関しては、学歴などはほとんど必要がありません。

美容・理容の専門学校などを出た後に、理容師の免許などを持っていれば、理容師の募集がある美容院などや理容師店に、求人採用の応募を行い、そこから採用になるか…という世界です。

立ちっぱなしの仕事であるため、なかなかに根気がいるお仕事であり、また、理容師免許の場合には、親御さんの跡を継いで、理容師になる、そのようなケースの方もおられます。

求人については、フリーペーパーの雑誌、レストランなどで配られている無料雑誌などに採用方法、応募方法などが掲載されており、そこから応募をしていく…という形になります。